【特集】縮小PCやゲームもできるモバイルノートなど期待大製品がいっぱい限り、この言葉 – PC Watch

コロナ流行に様々な事業が影響を受ける中で、PCには、比較的順調に新製品が続々と発表さ・投入されている。 例年年末に発売される製品は、それぞれの会社の代表である場合が多いが、2020年末には、これまで以上に期待がかかる製品が多く投入される見通しだ。

全方位で強化された第11世代Coreを搭載

ここで紹介した製品には、共通点がある。 これは、11世代Coreプロセッサ(開発コード名:Tigerlake)を採用している点である。

TigerlakeできIntel 11世代Coreプロセッサ

Tigerlake概要

TigerlakeはWillow Coveという新規開発されたCPUコアを採用。 キャッシュ階層が大きく変更されてL2キャッシュがCPUごとに512KBの1.25MBのL3キャッシュは、CPU全体で8MBで12MBに増加しており、CPUの性能向上に大きく寄与している。

新設計のCPUコアを採用

GPUやNPUも強化されている。

GPUはIntelが新たに開発したXe(X李)と呼ばれるスーパーコンピュータやゲームPC用にも適用可能なものへと進化。 11世代Coreに内蔵されているのは、その低消費電力(Xe-LP)で10世代Coreの内蔵GPUだった」Gen 11 GPU」と比較して実行ユニットの数が1.5倍されており、アーキテクチャの観点からも実行ユニットの増加という観点からも性能向上を期待することができる。

GPUも新開発のXeに刷新

NPUは、第10世代も含まれていたGaussian&Neural Accelerator(以下GNA)が強化されている。 GNAは、低消費電力でAIを処理する加速器で、主に音声認識のような長いCPUに負荷をかけるような処理を代替する。 11世代CoreはGNA 2世代され、処理能力が向上している。

AI加速されるGNAも2.0に進化

また、I / O周辺も強化されている。 PCI Express Gen 4に対応が加わり、より高速なSSDを利用することができる。 現在PCI Express Gen 3のSSDも高速ですが、実は動画エンコードなどの処理は、SSDがボトルネックになることもある。 クイックSSDによりボトルネックが解消されることで、クリエイティブ系アプリケーションとゲーム、そしてOS自体の応答も増える。

I / O周辺も強化

先に述べたように、Thunderbolt 4にも対応。 Thunderbolt 4はUSB4の上位互換性があるI / Oテクノロジーで11世代CoreはUSB4も標準で対応している。

これらの11世代Coreの新技術を支えている製造技術で11世代CoreはIntel 10nmで、第2世代の製造技術になる10nm SuperFinで製造される。 10nm SuperFinでは、同じ10nmで、前世代の18%程度のパフォーマンスが向上しました。 同じ動作周波数であれば、第10世代Coreより消費電力を下げることが可能である。

AAAタイトルが内蔵GPUだけ薄いノートパソコンでプレイすることができるようになる

このように、全面的に強化された第11世代Coreが、ユーザーがどのような利点を得ることができますか?

まず、GPUの性能向上に「AAAタイトル」という最新技術が採用された3Dゲームが先に紹介したモバイル製品でもプレイできるようになる。第11世代Coreに内蔵されている「Iris Xe Graphics」は、従来の外装GPUの低コスト版に匹敵する性能を備えている。 Intelが公開したベンチマークの結果によると、AAAタイトルで30fpsのフレームレートを実現して、タイトルに基づいて60fpsで再生することができる。

従来のGPUとIris Xe Graphicsのゲームのパフォーマンスの比較

Iris Xe Graphicsゲームのパフォーマンス

プロゲーマーなど、この試合はやや不足が、既存の薄型ノートはAAAタイトルはほとんど再生不可能だったことを考えると、カジュアルゲームしたいユーザーに歓迎だろう。

ゲームだけではない。 このコロナ災害で多くのビジネスユーザーに提供されるZoomとTeamsなどのビデオ会議ソフトウェアは、CPUに大きな負荷をかける。 ビデオ会議は、そのソフトのほか、プレゼンテーションソフトウェアとブラウザなど同時に使用するため、CPUの負荷はさらに高くなる。 CPUの性能が不足すると、ビデオの品質とフレームレートが低下通信に影響を捨てる。

また、ビデオ会議ソフトウェアは、GPUやNPUを活用して、背景を消去したり、音声のノイズ除去を行うことができる機能が追加されている。 ここでも高性能GPUや、NPU搭載、CPUの負荷低減に役立ちます。

ビデオ会議ソフトウェアに加えて、Adobe Photoshop CCなどもGPU / NPUへの対応/最適化を進めており、様々な分野で11世代Coreプロセッサの利点を得ることができるようになる。

AdobeのPhotoshopや各種配信系アプリなども11世代Coreのメリットを受けることができ

また、幅が広く、今後のコンピュータ

このように、Intelの新しいプラットフォームを採用した製品は、これまでのように単に性能を増やしたりするだけでなく、PCの新しい使い方をもたらすでしょう。 モバイルノートは、営業担当者が通ってオフィスアプリケーションを使用しているだけのような時代は終わり、1つのビジネスでは、ゲーム、創造的に活用の幅が広がる。 メーカーが想定しないように使用しているユーザーも現われる。

これらの製品が登場する年末から年明けにかけて、PC新製品から目が離せ状況が続きそうだ。

[制作協力:インテル]

READ  関市では、新しいクラスタ岐阜県5人の感染を確認 - 気候新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です