【札幌2歳S】札幌入り後上昇曲線ヴェルロシュオロ陣営には、「連続闘争も問題ないでしょう」/トレーニングセンターで秘話| 競馬ニュース – netkeiba.com

昨年ゴールドシップ山末のワンツーで決められた(c)netkeiba.com


昨年ゴールドシップ初年度産馬のワンツー極(ブラックホールリノゴールド)からインスピレーションをしたのか、今年札幌2歳Sなんと同山末5匹が項目。札幌2歳S(土曜日= 5日、札幌芝1800メートル)で、歴代最多のようなもの新郎の出走は2003&2004年サンデーサイレンス産彫刻2008&12年ネオユニヴァース産彫刻4匹から、歴史的な出来事であることは間違いない。

「我が家のジュニパーベリーもそうだが、ゴールドシップ子供は気が強く、胴がよくなっており、走行が揺れない。 その辺が力がある洋芝の道悪をこなし要因であるかもしれませんね」

このように言うことは同産駒近所レーベン発送手塚厩舎大村泰広助手。 同馬東京(芝9ハロン=不良)の新しい言葉に勝利した後、すぐに札幌参戦を表明した党、洋芝を狙撃したのは明らかである。

「札幌入厩最初は前進の勢いを見せなかったが、かさぶたをはがした効果または1週間前の本馬場(芝コース)調教でお尻を蹴りとスイッチが入ってきました。デビュー当初は気分が悪いほどおとなしくしていた言葉であり、が、今はこれでもかというほど健康が良い環境に慣れたせいか、言葉も出てきた感じです」と言葉を弾力。

一方、先週札幌(芝9ハロン)の新しい言葉Vで連続闘争に挑戦ヴェロシュオロの野見山伸吾助手は、このような言葉で、札幌との相性を伝えてきた。

「レット入厩最初に担当したときはガタガタばかりし子供だったが、放牧を挟んでレットを通じて札幌に入るとますます賢くさんがされて確認扱いやすいタイプに変わってきた今ではむしろゴールドシップ等しくないんですよ(笑)」

いわゆる「水が正しい」ということか。 産駒2匹に共通するのは、札幌入り後上昇曲線。 北海道デビュー飛躍を遂げたGI・6勝父を模倣のように、その子も北の大地で鮮やかな姿を見せている。

続い野見山助手は「全州は緩い馬場も合う感じですが、遊び走っ勝った。試合後、意外にケロトに上がってきたので、開いた闘争も問題ないでしょう。でもこの言葉を含めて5頭もゴールドシップ産駒があるなんて面白いですよね。 やはりジョクダンガでしょうか? “

洋芝=ゴールド時。

このような図式が完成か? “連覇”を目指し山の部分が、今年も注目だ。

(札幌の下降曲線奴・山村隆)

東京スポーツ

READ  ホンダ、アルファ乗ったちホンダF1にHonda Jet Eliteを提供[F1-Gate.com]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です