「SCHOOL OF WACK “明日”開校 “! 校内を一歩先に紹介(写真12枚) – 音楽ナタリー


430

明日8月21日から31日までの11日間、BiSH帝国緩く実行豆柴の大群ベッドに移動パロディスWAggが所属する音楽事務所WACK展覧会「SCHOOL OF WACK」が東京・渋谷PARCO 4F PARCO MUSEUM TOKYOで開催される。今日8月20日に報道用に内覧会が開催された。

「SCHOOL OF WACK」会場の様子。

大きいサイズで見る(全12件)

「SCHOOL OF WACK」会場の様子。[확대]

「WACK学校」をコンセプトに開催されるWACK最初の展覧会は、学校の教室を模した制作。 入口を入るとWACK代表渡辺淳之介の「校長」仕様の胸像が訪問者を迎え。 渡辺校長のバストの右手には、WACK所属アーティスト41人の肖像がずらり。 その向かい側には腸内で延々と繰り返される「株式会社WACK校」の歌詞が展示されている。 渡辺校長のバストの左手に目をやると、今までWACKで起きた数々の事件が書かれた黒板が各事件の会員の証言も見ることができる。

「SCHOOL OF WACK」会場の様子。[확대]

「SCHOOL OF WACK」会場の様子。[확대]

さらにいくと、美術室の隅に。 ここでは、有名な絵画にメンバーの顔を織り交ぜた作品が展示されており、展示それぞれは、アーティストたちの個性あふれる落書きが華やかカラーとなっている。 4台のコンピュータが置かれたコンピュータルームには、 “こっそり禁止」の文字が。何も映っていないPCに入場の際に手渡す紙のサングラスを対面”飴禁止」と書かれた理由を知る “任意の画像」を見ることができる。 電算室まず更衣室には、真っ赤なロッカーがずらり。 各メンバーのロッカーには、それぞれ体操服や写真などが展示されている。 垂直ロッカーは、各グループの衣装と経着用写真などが所狭しと飾られた。

「SCHOOL OF WACK」会場の様子。[확대]

ロッカーを背景にするとWACKアーティストが毎日訪問する「教室」のスペースが対面。 毎日1時間ごとにメンバーが入場性能とゲームをするが、教室に大量の落書きが、誰もいなくても見るに値する空間となっている。 期間中の教室の様子は、チケットのストリーミングサービスStreaming +で生配信されることが決定。 現地の様子が気になる人はこちらもチェックしてみよう。

展示ブースを抜けたところには、WACKに「不満」することができ、「一言カード」が置かれたコーナー」SCHOOL OF WACK」の感想やメンバーの考えなどを書き留めてボックスに投函することができる。 その進行すると、今回の展覧会のために制作されたオリジナル商品を販売しているお店に到着。 メンバー全員の「在学写真」を使用した学生証、ブロマイド、変な顔Tシャツなどの展覧会記念商品とメンバーが「1年後に、自分自身に」をテーマに書いた作文を文集にした記念書籍「同情(道のり)」も購入することができる。 また、期間中、渋谷PARCO 10FのレストランComMunEはWACKアーティストが考案監修したオリジナルかき氷が販売される。 また、渋谷PARCOの外壁には、全体の会員の真剣な顔と変な顔の写真が使用された長さ6mのアートウォール “WACK壁」が出現しているので、ファンはここにチェックもお忘れなく。

「SCHOOL OF WACK」の入場券は既に完売動画ストリーミングサービスStreaming +で毎日「教室」の形が提供される。視聴チケット料金は、各仕事500円ですので、気になる人はチェックしてみよう。

この記事の画像(12件)

READ  「Dead by Daylightサイレントヒル版公式日本版」がPS4 / Switchため、11月19日発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です