「Microsoft Flight Simulator」開発陣インタビュー14年ぶりの新作は、Microsoftが持つ技術の最高のショーケースに

1982年から続くMicrosoft本格フライトシミュレータシリーズは、その最新作「Microsoft Flight Simulator「2020年8月18日、いよいよ発表した。これにより、4Gamerでは、開発陣のオンラインインタビューを実施することができる機会を得た。話を聞かせてくれたのは、Xbox Game Studiosのプロデューサーを務める要求ニューマン(Jorg Neumann)さん、Asobo Studioリードソフトウェアエンジニアであるマーシャル見サル(Martial Bossard)さんある。

元若い世代のゲーマー「フライトシミュレータ」というジャンルに聞いて慣れていないかもしれないが、Flight Simulatorシリーズは、Microsoftの看板タイトルと言えるほどのゲーム部門では、代名詞的存在であった。 もともとはApple II用に「FS1 Flight Simulator」を1979年に発売したSublogicというメーカーでは、IBM-PC(DOS)用の独占契約を結ぶ形で、1982年にリリースされたが、最初の作品として以降Microsoftの新しいOS(オペレーティング・システム)の発表に合わせて新作がリリースされてきた。つまり、会社のショーケース的な作品となっていたのだ。
同社の主力ソフトウェアである「Windows」が誕生したのが1985年には、「Word」は、2年前(1983年)である。 1975年に設立されたMicrosoftにとって「Flight Simulator」は、最も長寿の秘訣ソフトウェアシリーズでもある。
しかし、3Dグラフィックスの進化とオンラインゲームの隆盛とは対照的に、フライトシミュレータというジャンル全体に元気がなくなるという、2006年の “マイクロソフトフライトシミュレータX「最終的に長いシリーズの新作は、開発が中止されました。2012年には基本プレイ無料の「Microsoft Flight」を発売したが、1年半ほどストアから姿を消している。

ところが最近の技術進歩に応じて、より以上の「ゲーム」と呼ばれる領域だけ革新にとどまらない程度の知恵が詰まった最新作が14年ぶりに帰ってきた。 今回の作品「Microsoft Flight Simulator」がどのように素晴らしい技術力をベースにしていることは、7月30日に掲載した「ここ「記事を読んでたら、しかし、Microsoftのクラウドサーバー「Azure Cloud」とAsobo Studioの独自開発によるAI技術を十分に活用して、「地球全体を3Dモデルに “という前例のないことを実現している。
約3万7000空港を含む15億の建築物2兆個に至る木、1億1700万湖や池が見ることができるだけでなく、気象のリアルタイムデータと連動させることで、日付と時刻の変化と風雨までもリアルに再現している。

画像(025)
関連記事




地球を丸ごとAIに再現。


Microsoftから2020年8月18日に発売される人気のフライトシミュレーションシリーズの最新作「マイクロソフトフライトシミュレータ」。 その発売に先駆けて、しばらく前にプレス用プレゼンテーションこのオンラインで実施された。 本稿では、その形状をまとめてみましょう。


[2020/07/30 18:00]


Microsoftが持つ技術の最高のショーケース

私たちのゲーマーは、2019年に発表された “疫病の話:無罪「印象が強いAsobo Studioが実質的な開発を担当している点も興味深い。これまでの飛行シミュレーションを開発した経験がない会社がなぜMicrosoftパートナーとして選定することにしたのか。今回のインタビューでは、その辺の疑問で探索した。

4ゲーマー:
今日はよろしくお願いします。
まず、「Microsoft Flight Simulator」の企画が始まった経緯からお話していただけますか?

Xbox Game Studiosのシニアプロデューサー要求ニューマン氏。 Origin Systemsで業界デビューしたというベテランである
画像(001)

要求ニューマン氏:

はい。 私は、以前のMicrosoft Flight Simulatorシリーズには関与せず、2013年までにMicrosoft HoloLens用のアプリケーション制作を行っていますが、彼と深い関係があります。 Asobo Studioは、「Kinectラッシュ:ディズニー/ピクサーアドベンチャー」(2012年)以来、HoloLensの最初のゲームアプリである「Fragments」(2016年)と「Young Conker “(2016年)などで従事もらう非常に高い開発力を持つチームであることを認識ししていました。

また、HoloLensのための旅行ガイドであるアプリである「HoloTour」(2016年)は、ほぼ、Microsoftの内部で扱っているが、コンテンツの一部である「マチュピチュ」はAsobo Studioに助けを受けていました。 マチュピチュは非常に遠く離れているだけでなく、世界遺産でもあります。 必要なデータを取得するために無人偵察機を操縦していたことが制限されており、Microsoftのチームだけでは過度であったが、Asobo Studioは、当社のビッグデータチームから得られた「Bing Maps」の画像を3Dモデル化する離れ業をして見せたです。

4ゲーマー:
なるほど。 それ地球規模にしようと考えていたね。

要求ニューマン氏:
そうです。 セバスチャン(Sebastian Wloch / Asobo StudioのCEO)と「あれば良い」と話したのが2016年のことでした。まず、デモを作ることから始めて、その時に選択がシアトルでした。Bing Mapsのデータから約40GBを使用しました。

Asobo Studioが衛星写真で3Dモデリングした通りの上空にモデリングしたCessna 172飛行単にものでしたが、その当時から再現力が非常に高く、2017年には、デモを見たフィル・スペンサー(Phil Spencer / Xbox部門ヘッド)で「これで、画像動画はいいから早くゲームのデモを見せてくれた!」と注文が入る程度の腕前でした(笑)。

4ゲーマー:
つまり、画像映画と勘違いするクオリティのデモだったようですね。

要求ニューマン氏:
はい。 Cessnaが旋回するときに、Microsoftの従業員がたまに集まるサッカー場も見えたので、フィルはそこまで作り込んでいることに驚いていました。 事実ビッグデータで再現していますので、製作言葉いるわけではありませんが(笑)。

そしてグランドキャニオンの特徴的な地形、都市の風景を3Dモデリング、どこまで再現できるかどうかをチェックしながら、2.5ペタバイトもビッグデータを自動的にゲーム環境に反映させる技術をチューニングしていったです。
もちろん、その作業は非常に難易度が高く、開発チームの特別な努力と技術力の産物です。

4ゲーマー:
クラウドサーバー技術があったから」Microsoft Flight Simulator」のアイデアが生まれたわけですね。 ゲームの企画がクラウドサーバー利用につながったのはないというのが興味深いところです。

Asobo Studioの創立メンバーの一人であり、同社のリードソフトウェアエンジニアを務めるマーシャル見さるさん。 この会社の使命は、日本の「遊ぼう」に由来している
画像(002)

マーシャル見さるさん:

要求も話しているが、「Microsoft Flight Simulator」は、Microsoftが持つ技術の最高のショーケースであると考えています。 元のクラウドサーバーで管理されている膨大なデータがない場合、これらの表現は不可能ですから。

4ゲーマー:
2D画像データからリアルタイムで3Dレンダリングを行う。 これらの技術は、どのように開発されたのでしょうか。
 
要求ニューマン氏:
これは私に言ったほうがいいですね。 Microsoftは、さまざまな企業で企画が持ち込まれるのですが、その一つに、50人程度のAIの専門家と地理情報アナリストで構成されたオーストリアのベンチャー企業が「アルプスの無人航空機を飛行レーシングゲーム “の企画を提案した。

彼らは、元のゲームの開発者ではなく、自分たちの技術を活用することを目的としたアイデアでしたが、私の関心を引かれては、「衛星写真で地形を作成」というAI技術でした。 それが「Microsoft Flight Simulator」で使用される「Blackshark.ai」です。 それらAsobo Studioに紹介する形で正式ライセンスを結んで、今回の重要な基礎の一つとなった。

Blackshark.aiのデモ映像より。 右の写真グラメトリ映像がAIによってここまで立体化されている
画像(004)

4ゲーマー:

Bing Mapsは、主要都市だけで4方向から鳥瞰写真を表示する機能を使用できますが、地方都市と郊外は一方向に、万軍よ。 様々な角度の衛星写真がビッグデータの中にあるでしょうか。

マーシャル見さるさん:
4方向から鳥瞰写真というのは、フォトグラメトリのことですね。 フォトグラ測定法が使われているのは、世界中の400の都市に満たない程度ですね。 もちろんビッグデータは、さまざまな国や民間企業が作成された衛星写真の山であり、Bing Mapsで見ることができる情報しかないということはありません。

ただ、私たちがこのようなデータを作成することができ、ハードウェアを持っているわけではないので、Bing Mapsのフォトグラメトリだけでなく、専門企業に委託して航空写真を収集し、地上の表現に役立ちます。
ただしBlackshark.ai高度マップデータから地形を自動的に生成し、一つのイメージもしっかりと建物の高さを認識し、その構造と材料の種類、高架道路の構造と木材なども判別そこから現実的なオブジェクトをレンダリングすることができる能力を持っています。

「15億の建造物」や「2条本」といっても、クライアント側に事前にすべてのダウンロードされたものではなく、プレイヤーが飛行する領域の情報がクラウドサーバーでいちいちアップロードされてくるようなイメージである
画像(003)

生物群系による細かく表現された地球規模の植生地域

4ゲーマー:

地球上にある約3万7000の空港のうちの主要な40カ所は「ハンドラフテッド “(手動で調整)とのことですが、他の空港は、自動的に生成されるでしょうか。

要求ニューマン氏:
自動生成が、フライトシミュレータというジャンルでは、どの空港にも無関心ではありません。 一つ一つの空港について、建物の位置や滑走路の関係を適切に確認しています。 非常に小さな空港と滑走路しかない来の空港もすべて正確に表現しているということはありませんが、動作していない空港は存在しません。

リアルに再現されて空港の建物と車両。 日車にAIが搭載されており、管制塔の情報に基づいて活動するということ
画像(006)

メニューのワールドマップから目的の空港を選択して、目的の場所に飛んで行くことができる
画像(007)

4ゲーマー:

例えば、中国では詳細な地図データをBing MapsとGoogle Mapsで公開しないように規制されています。 各国の軍事基地も同じですね。 この部分は、どのように処理しているのでしょうか?

マーシャル見さるさん:
特定の国の国境を越えた瞬間、何もないところになってしまうというのは起こりません。 軍事基地に関しては、Bing Mapsの公開が規制されているものもありますが、データとして存在しているので、私達のアルゴリズムを使用して調整しています。 ほとんどの場所では、付近の地形に合わせた野原や森などがあると思います。

大聖堂や遺跡など、様々なランドマークが手動で補正される
画像(005)

4ゲーマー:

2兆個というとんでもない数の木はどのように自動的に生成されたでしょうか。 現実の世界を再現したというゲームは多いのですが、街路樹の雰囲気などは、地域住民に重要な意味を持つ部分ですね。

マーシャル見さるさん:
地球全体を「生物群系(バイオーム)」に分割し、各地域の領域を作成し、その中で特徴的な植物を選択データ化しています。AIが形や色など似たようなことを判別する仕組みですね。これは、建物も言えるシアトルとパリで同じ様式の建物は少ないですが、それはどの地域にも適用することです。

世界中に散らばっているテスターの中には、実際のパイロットも少なくありません。 上空から撮影した写真を送ってくれる人もいて、その違いをAI学習させるという知識の蓄積も実施しています。 つまり、AIは継続的に良くなるでしょう。 今後も新たなデータを統合することにより、劇的な改善が行われることもあるでしょう。

要求ニューマン氏:
生物群系の設定は、国の数よりも細分化されています。 私たちは、植物のデータベースとしているのは、農業や園芸などに利用されている耐寒性ゾーンマップですね。 さらに、地域の特色を加えたものになっています。

画像(016) 画像(017)

4ゲーマー:

それでは、気象データは、どのようにして、キャプチャしているのでしょうか?

要求ニューマン氏:
気象シミュレーションでは、我々が選んだのはBingの天気で利用している民間企業ではなく、スイスのバーゼル大学が開発した「meteoblue」です。大学機関であるため、各国の気象データを収集し、雲の高さと風速などの細かいデータも揃ってています。

画像(018)

マーシャル見さるさん:

実際の気温と湿度、降雨や積雪データが集積されているのではなく、リアルタイムで更新されるデータに基づいて、プレイヤーが使用している地域の気象をもたらしていますが、必ずしも正確に再現というのはありません。

例えば、台風も正確にゲーム内で表現されるのではなく、気圧による風向と風速、雲の量や厚さなどから算出しています。 昨年から各地のハリケーンや台風の発生に応じて、ゲームの試験飛行を行っていますが、再現性が非常に高いですね。 ただし、機体もシミュレーションしていますので、気圧の急激な変化と嵐を受けて破壊されてしまうことです。

要求ニューマン氏:
気象データに不足しているのは、「エアマス」(基壇)のシミュレーションでは、これAsobo Studioのゲームエンジンを扱っています。

空中で水蒸気が太陽によって暖めする密度の濃淡の変化が起きて、それが気流によって動かされて山に触れると、上の乱流が発生することが起こります。 これは飛行にとって非常に重要な要素です。
実際に飛行機の特殊機器で得ることができるエアマスのデータを気象学者が分析して管制塔とパイロットとの接触の過程を踏むが、これゲーム内でシミュレートする必要があるでしょう。

地形と気象データから気流が生成緑色の部分で乱気流が発生しているシミュレーション。 このようなことを常に演算することは、クラウドコンピューティング技術だけだ
画像(008)

「Microsoft Flight Simulator」、世界のどこに行きたい場所に

4ゲーマー:

一つ一つの水蒸気粒子もシミュレーションされているとのことですが、それによって夕日の色味も変化するのでしょうか?

マーシャル見さるさん:
そうです。 大気中の水蒸気の量は、光の量に影響を与え、その地域で毎日夕日の色に反映されています。 太陽光や水分含有量は、視野に影響をして大気中の水分含有量が多いほど、飛行機が離陸する時の電力を必要とします。 これらのシミュレーションゲームプレイに重要な意味を持っているのです。

太陽の色も観測データから算出された大気中の水分含有量によって自動的に生成される。 このようなゲームの前に存在したのだろう?
画像(013)

4ゲーマー:

今後の計画も聞きたいと思いますヘリの実装も予想しているね。

要求ニューマン氏:
現在は、「予定」ですけどね。 熱狂的なゲーマーからのフィードバックを受けており、ヘリコプターの実装は、要求リストのトップ10に入っています。 いつか妻はと思います。

READ  ASUS直下型ミニLED 32インチプロ用4K / HDRディスプレイ - AV Watch

4ゲーマー:
ビルや病院にもヘリポートがあるので、大変なことになるでしょう。

マーシャル見さるさん:
はい。 ただし、データベースが存在するんですよ。 エアバス傘下Navblue社飛行計画と航空図表などをデータ化するためのソフトウェアを開発していますが、これは飛行機だけでなく、ヘリコプターも利用されています。 28日ごとに更新されるのですが、「Microsoft Flight Simulator」も連動しており、新設されたヘリポートも認識しやすくなっています。

4ゲーマー:
話は変わりますが、飛行機のコックピットは、3Dスキャンをしているのでしょうか?

マーシャル見さるさん:
契約上の内容は、話をすることができませんが、機能している30代のメーカーの多くでは、実際に3Dスキャンをする機会を得ました。 複雑なジェット機の飛行に関係のないことを省略することもなく、少なくとも運転席に表現されているスイッチは、すべての動作ね。

機体が大きくなるほどきっかけやスイッチが増えるがアシスト機能があるので、初心者のパイロットも安心
画像(011)

4ゲーマー:

以前のシリーズ作品でもそうだったが、道路や草原なども訪れることができますよね。

要求ニューマン氏:
はい、私の大好きなことですね。 先日、1985年の映画「アウト・オブ・アフリカの「(原題:Out of Africa)の位置を確認して、同じ場所に着陸することができるかを試みた。 車輪が破壊されることもなく、うまくいきました。 運転席から眺める風景もそのままで感動しました(笑)。

4ゲーマー:
最近フライトシミュレータというジャンルは、両方のスイッチ化していると思いますが、新しいファンを埋めるために工夫はいかがでしょうか。

要求ニューマン氏:
確かに両方のスイッチがありますが、「大きな二のスイッチ」でもあります。 これまでのシリーズ作品を続けてプレイしてくれている熱狂的なファンもいて、追加DLCを開発するサードパーティとファンのコミュニティにSDKを公開したが、500近い組織が加入してくれました。 Microsoft Flight Simulatorシリーズの高い要求に現れますね。

画像(020) 画像(019)

ただし、新しいファン層をどのように取り込む行くた私たちに大きな課題であり、そのために簡易的に飛行機を飛ばす「All Assists」モードを用意しています。 ゲームへのアクセスが可能な状態で飛行機の位置を固定する「Active Pause」を使用して、いつでも好きな時にリラックスすることができます。多くのプレイヤーにパイロットとして飛行機を操縦する喜びを味わいと思います。

4ゲーマー:
最後されますが、日本のパイロットたちにメッセージをお願いします。

要求ニューマン氏:
「Microsoft Flight Simulator “生きているゲームです。 リアルタイムデータをクラウドサーバーで処理して、あなたの地球規模のシミュレーションを提供することができます。
そしてこれからも皆様のご意見をもとに調整を重ねて、より良いゲームに成長していきます。 まだ開発が、VR対応も予定していますので、ぜひお楽しみください!

マーシャル見さるさん:
今は好きな場所に行くことができない状況であるが、あなたは「Microsoft Flight Simulator」、世界のどこに行きたい場所に飛んでほしいと思います。 サハラ砂漠の真ん中で、アンデスの深いも観光を楽しむことができる。 これは非常に良いことですね!

気象条件が整えば、虹の霧、積雪や竜巻などが発生する可能性があります。 自然が織り成す美しさを満喫できるゲームである
画像(012)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です