「Call of Duty:Warzone「実況者」の転送中 “詐欺師が発覚しTwitchでBAN。 視聴者を煽りながらツールをうっかり露出され、すべてを失う| AUTOMATON

「Call of Duty:Warzone「実況中カンニングツールをまんまと画面に映し伝えたストリーマがあるようだ。権利PCゲーマーが報じた。 mrgolds氏は2016年から活動している7万7000ものフォロワーを保有している中堅配給者である。 シューターが好きで、「ポートナイト」や「Apex Legends」などの人気作品を誇る。最近では、「Call of Duty:Warzone “唯一熱中した。定評のあるのは、その腕である。迅速かつ正確に敵を獲得ハザード作品のキルトデス比は6.0以上を誇る。そのエイム力が視聴者たちの羨望を受けていた。チート使用がバレるまで。

8月下旬に、いつものように「Call of Duty:Warzone」を演奏したmrgolds氏は試合を終えて雑談タイム。とても照準が正確であるため、チートをしているのではないかと視聴者を追及した。しかし、彼はそんな疑問をすぐに否定。 「リコーの取り扱いがよくのでゲーム上手だけのゲームがおいしいスナックを見るのは初めてですか? このようなプレイを見ることは本当に初めてですか?」と豪語」ゲームがとてもよくて、恥ずかしい視聴者」です切るなどおちょくる程度の余裕が、画面上で大きな事件が発生した。タスクマネージャの中でチートツールの画面が映し出されていたのだ。

映し出されたツールの名前は「EngineOwning」「Battlefield」または「Call of Duty」シリーズに特化したチートツールで「Call of Duty:Modern Warfare」と「Call of Duty:Warzone」にも対応。 機能的には、相手がいる場所やアイテムの位置を把握するレーダーと匹敵正確な照準を実現する自動照準ツールAimbotなどが含まれている。 山視聴者を嘲笑していたmrgolds氏だが、途中でツールが写っていたことに気付く。 振りかけた言葉は、突然消え顔は不思議です。 倒れそうな声で「Oh my god men」と呟いた。 チートを疑う視聴者を嘲笑横にチートツールが映るという非常に現実的な光景だった。

「EngineOwning」のUI(公式HP)より。似たツールが配信映し出されていた。

しかしmrgolds氏は強心臓であったか、ストリーミング活動を続けている。 そして毎日「Call of Duty:Warzone “を楽しんで続けた。 一方、チートツールを使用している疑惑はSNSで拡散されており、彼はこのチートツールを使用すること、そしてゲームとTwitchでBANされないことの画家の声があふれた。 Twitchでチート行為は禁止されており、処罰の対象(Twitchコミュニティガイドライン)。 たとえ罰を受けずにゲームを楽しんで実況を楽しむmrgolds氏の姿勢に兄弟も不快感を示している。 mrgolds氏といえば、言い訳もせずに、今度は自分のInstagramに動画を公開します。 チートツールを使用していないプレイ画面と称し、正確な狙撃を決定映像を見せてでたらめは今交際するつもりはないと豪語していた。

しかし、あまりにも証拠が揃いすぎたようだ。 助言を求めてSNSで共有された映像は、拡散拡散を重ね、最終的にmrgoldsさんのTwitchアカウントはBAN。 Twitchというプラットフォームで追い出されてしまった。 あまりにも愚かすぎる冗談のような話だが、mrgolds氏は実況者やプレイヤーとしての名誉とTwitchトリマーでアカウントを失った。 4年間蓄積してきたのは、また元に戻らない。 チートを使用して取得の評判はとても脆い空虚なものであることを改めて示す事例となった。


READ  GSOMIA破棄通告期間が、官房長官「韓国側に適切な対応が必要」 - 産経ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です