「Android 11 ‘が正式公開〜メッセージングスマートデバイス管理・個人情報保護に焦点 – 窓の杜

「Android 11 ‘が正式公開

米国Googleは9月8日(現地時間)、モバイルOS「Android」の新しいメジャーバージョン「Android 11 ‘を公式発表した。「Android 11 “は、”人 “(People)を中心としたコミュニケーション、より簡単で、簡単なスマートデバイス “コントロール”(Control)装置のデータをどのように共有するかどうかをユーザーの手で管理することができる「個人情報」(Privacy)の3点に重点を置いて開発されているという。

人々

「Android 11」は、メッセージ交換に関する通知が別のセクションに表示されます。 連絡先は、ホーム画面に丸いアイコンで表示され、タップするとバルーン(泡)のように交換が表示される。 この機能は、「Facebook Messenger」でお馴染みので他の作業を中断せずに友人と会話することができるのが魅力。システムワイドサポートすることにより、そのアプリケーションのUIの統一が可能であり、資源の消費の面でも利点となる。

「人」を中心とした通信

制御

「Android 11」で、電源ボタンを長押しすると電源オフメニュー以外にも、スマートデバイスを制御するUIが表示される。 照明をON / OFFしたり、センサーで室内の温度を確認し、ドアロック – ロックピッキングを行うなどの作業がここで一緒にすることができる。

また、音楽再生を制御するメディアコントロールも更新します。 ヘッドフォンやスピーカー、TVなどのオーディオおよびビデオコンテンツ出力装置を迅速に転換した。

電源ボタンを長押しすると電源オフメニュー以外にも、スマートデバイスを制御するUIが表示される。 メディアコントロールも更新し

隠遁

個人情報保護の面でのハイライトは、アプリケーションに一時的に権限を付与回限りの権限がサポートされてある。 「常に許可」、「アプリケーションを使用している場合にのみ許可」以外にも「一度だけ付与」が選択できるように、アプリケーションに不要な権限を与えないようにしながら、運用ができる。 ユーザーが長期間アプリケーションを使用していない場合は、アプリケーションの権限をリセットする機能も追加され、知らない間にアプリがシステムで勝手にしていたような事態を未然に防止することができるようになった。

そのほかにもスクリーンショット機能の強化と録画機能」スクリーン記録」標準搭載も魅力。 特に録画機能は、システムの標準でサポートされているのは、便利で、サードパーティ製アプリケーションを使用しなくてもゲームプレイを録画して共有したり、アプリケーションの作業を説明するビデオを作成することが容易になりました。 開発者は、5G対応の強化と折りたたみ可能なスマートフォンなどの新しいフォームファクタへの対応などが主題である。

録画機能」スクリーン記録」

「Android 11 “は、” Pixel 2」以降のデバイスでOTAアップデート(インターネットを通じたアップデート)の提供がすでに開始されている。 「Pixel」シリーズに追加新機能をあらかじめ確保されているので、ぜひ試して見よ(参考記事)。 また、「Pixel」以外では、「OnePlus “、” Xiaomi “、” OPPO」、「Realme」から「Android 11」の配信が開始されていること。その後も、そのデバイスが拡充されていくだろう。

READ  Suicaに対応したGPSランニングウオッチ「ForeAthlete 745」を10月1日(木)に発売|プレスリリース|ニュース| Garmin | Japan

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です