「生まれ変わり」呪いの映画! ? 原作者が嘆いツイート」引き続き警察事態になってはんだ」:J-CASTニュース[전체보기]

俳優伊勢谷友介さん(44)が大麻所持容疑で逮捕された翌日の2020年9月9日小説家梶尾シンジさんがツイッターでつぶやきました。

  • 梶尾シンジさんのツイッターで

  • 梶尾シンジさんのツイッターで

「映画「生まれ変わり」に記載されていた人々は… “

この日の午前梶尾氏は「映画「生まれ変わり」に記載されていた人々は、呪いのように続けて、警察桁異なるされてはんだ」とツイート。 映画「転生」と、2003年に出版された作品で、原作は梶尾氏の同名小説である。 その映画の原作者自身が「呪いのように続けて、警察桁異なるされていくだろう」と発言してしまうという非常に穏やかでない状況であるが、その言葉通り、映画の出演者を知っていく、まさに「呪い」とする状況が見られるだろう。

映画封切り6年後の2009年4月には、主演を務めていた草なぎ剛さんは、東京の公園で泥酔状態で警察に発見され、その際暴れるなどしたため、現行犯逮捕。 逮捕翌日釈放されたが直後に草なぎさんが沈痛な表情で記者会見を開くなど、世界を驚かせたのは、まだネタになっている。

また、映画の公開3年後の2006年7月の映画に出演した「極楽とんぼ “山本圭壱さんが未成年の女性と淫行があったと警察からの事情聴取を受けて吉本興業で専属契約を解除される事案が発生。 山本氏は、後に芸能活動を停止し、さらにフリーランスとして活動するなどあったが、2016年11月に吉本興業と再契約に至っている。

そして映画公開から17年後の2020年に発生した伊勢谷容疑者の逮捕劇。 映画の出演者には、3番目に警察ニュースであり、すぐにゴシップで言う「呪い」と言う状況である。

答えは「昔も今もどんな作品もあるでしょう。」

芸能人が事件と不名誉たびに議論される「呪い」の材料。 ネット上では、このようなエピソード姿の話通りであるが、その「呪い」が作品の原作者をはじめとする関係者から「認証」というのは非常に珍しいこと。 したがって梶尾氏のツイートには」とは決してそんなことは」など “呪い”など関係ない答えが続々と出てきている。

他にも「昔も今もどんな作品もあるでしょう。今は本人だけでなく、周りを巻き込む風潮があるだけです」と何の関心を持たなければならない励ましの声、さらには「呪い映画…と話題再燃したりして? 」と逆に大石以下は声も提起されており、予想外の「呪い」の認証に驚いた梶尾氏のファンは多かったようだ。

(J-CASTニュース編集部坂朋永)

READ  挑戦者久保利明球団(45)王座戦第2局で長瀬拓矢王座(28)の粘り許可せずに勝利5回勝負は1勝1敗に(松本ヒロ) - Yahoo! ニュース - Yahoo! ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です