「現代の世界では平行線がない」古代カイマンがナマケモノの脚に46バイトの跡を残した

約1300万年前、 地上ナマケモノ 水の端に近づきすぎて、 カイマン ストライキを待って横たわっていた。 新しい攻撃によると、攻撃は瞬く間に起こり、カイマンがナマケモノの後脚に約50本の歯痕を残して終了したと考えられます。

ナマケモノの骨の咬合痕のほとんどは浅い穴とスコアですが、脛骨に穴を開けたより大きな痕跡は、脛骨としてよく知られており、カイマンの口がナマケモノの脚の上で閉じており、ひどい損傷を与えていることを示しています。

READ  砂漠の燃える砂の中、エビ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です