「朝7時にインターネットが突然つながらない」という怪奇現象が1年半の間続いた村は、その原因は? – GIGAZINE

メモ



「午前7時になると、インターネットに接続されなくなってしまう」という奇妙な現象が、人口400人の小さな町で、毎日のように発生しました。 なぜこのような現象が発生したかをインターネットサービス情報メディアであるISPreview英国この見ています。

18ヶ月の間に村のブロードバンド中断に古いTVセットの追跡-ISPreview UK
https://www.ispreview.co.uk/index.php/2020/09/18-months-of-village-broadband-disruption-traced-to-old-tv-set.html

18ヶ月の間に毎日村のDSLインターネットを妨害する古いTVセット| Ars Technica
https://arstechnica.com/information-technology/2020/09/old-tv-set-interfered-with-villages-dsl-internet-each-day-for-18-months/

英国ウェールズの約400人の住民が住んでいる小さな町・阿部ルー虎山では、毎朝午前7時になると、村全体のインターネットが接続されなくなってしまう現象が約18ヶ月にもわたって発生していたとします。 村の住民から連絡を受け、英国でインターネットサービスを提供するBTグループ子会社オープンリッチこの調査を開始しました。


Openreachのエンジニアは、村の古いケーブルを交換するなどの問題の解決に努力したが無駄でしたとのこと。 「問題をすぐに解決できないこと、私たちは落胆したが、根本的な原因を突き止めようと決心周波数解析を行うスペクトラムアナライザを使用して、電磁干渉が発生していないかどうか調査を開始した」との調査に合ったOpenreachのエンジニアであるマイケル・ジョーンズは言う。

スペクトラムアナライザを使用し始めた日、不運にも豪雨に見舞われたジョーンズは、悪天候に屈せず、午前6時から町中を歩き回って調査を実施したします。 そして午前7時きっかりに大きな干渉が発生したことスペクトラムアナライザが捕捉したもの。 電磁干渉は村の敷地内にある住民の家で発生しました。

ジョーンズによると、住民たちは、毎朝午前7時頃に古いブラウン管TVのスイッチを入れるのが日課だったのです。 テレビのスイッチがオンになった瞬間、町全体のインターネットが接続されなくなっていました。 ブラウン管TVと電子レンジなどの家電製品は、電話回線を利用したインターネット接続方式であるデジタル加入者線(DSL)電磁干渉を及ぼしするになっており、したがってブラウン管TVの電源が入って瞬間村全体DSLインターネットを利用することができなくなってしまったとのこと。


「想像ように、このことをテレビの所有者に指摘したが、自分のテレビが町全体で起きたインターネットの問題の原因となって思っていた所有者は、愕然とすぐにスイッチを切り、再度問題TVを使用しないことに同意してくれました。」とジョーンズは、当時の状況を振り返っています。

また、なぜな家のブラウン管TVが町全体に影響を与えたかどうかは、記事作成時点で明らかにされていないこと。 しかし、村の住民は、問題が解決されたことに安堵したします。 また、村のインターネット回線は、2020年後半には、光ファイバを使用したFTTHに変更されることが決定したOpenreachは見ています。

この記事のタイトルとURLをコピー

・関連記事
医療現場のApple Watchユーザーが予期しない再起動を食べことが明らかに – GIGAZINE

年間100回以上の雷が落ちる携帯電話基地局の研究者が注目している – GIGAZINE

宇宙の謎の一つ「クイック電波バースト」で新たな発見過去最も低い周波数を記録し、謎が深まる – GIGAZINE

バニラアイスクリームを買ったときにのみ、自動車のエンジンがかからない奇妙な現象は、その原因は? – GIGAZINE

READ  4980円の破格アクションカメラ」Apexcam」と最近の「GoPro HERO9 Black」を比較すると、忘れていた何かを覚え|ロケットニュース24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です