「寿命4年「シマ大輔ダイエット成功」長生きしたい」 – 芸能:日刊スポーツ

糖尿病寿命4年を宣告された島大介(56)が、フィットネスクラブを運営するRIZAP(ライジャトプ)の医師が監修健康数値の改善を目的とした「健康ダイエット」で完全復活した。

シーマは1981年(昭和56)に芸能界デビューする歌手デビューした年で82年に自身も出演したドラマ「天国まで上昇!」の主題歌「男の勲章」が大ヒット。 リージェントヘアスタイルとツッパリキャラクターで大ヒットした。 最近では、軽妙なトークバラエティ番組に出演する一方、「男の勲章」が各国のドラマなどで繰り返し使用されている2003年のセルフカバー。 2005年には続編「大人の勲章」を発売すると18年にはドラマ「今日から私は!」のオープニング曲で「男の勲章」が起用されたことで、再び中断した。

その場合は、50代に入って体重がどんどん増えていった。 4月にTVに出演したミュージカル俳優を目指し長女圭叶(KEYKA)と中学1年生の次女も外見を指摘したが、「ダイエットを意識したが、なかなか一人で続けず」だったする。

そんな中、医師から糖尿病であることをこのまま不摂生を続けると寿命は4年と健康面のリスクを指摘された。 「肥満を放置しているといつの間にか医師に糖尿病を宣告」されたとするが、体重104・2キ​​ロ体脂肪率32%、血糖値121、内臓脂肪の面積は147・1立方センチメートルもあった。

シーマは「そんな時ライ松の実テープを満たして再度ダイエットすることを決意した」と一念発起してライジャトプの健康ダイエットを受けた。 89年に特撮ドラマ「秒数戦隊ライブマン」に出演するなど、肉体派でも知られており、「元のスポーツクラブに通っていた可能性があるため、教育に不安はありませんでした。最初から難しいのだろうかと思ってましたが、週2回〜3回、50分ずつ運動すると、糖尿病に血圧も高かったので、医師と相談しながら徐々に負担を与えました」と言う。「だから、毎日きついのはなかった」と順調にトレーニングを消化した。

一方、不安だった食事制限した。 「カロリー制限などはしたことがなく、不安はありました。イメージと「食べることができない」と思ったが、「本当に食べてもいいか 」という程度、さまざまな料理を食べました。むしろ「お召し上がり下さい」と、すごく気持ちが楽になりました。」と規定し、コントロールも無理なく可能だったとする。

1年8ヶ月、時間をかけて臨んだ結果、体重は88・5キロ15.7キロの減量に成功した。 体脂肪率23.1%、血糖値86(mg / dL)、内臓脂肪面積83・5立方センチメートルで、すべての数値は大きく改善した。

ダイエットには、家族の協力と応援もあったという。 シーマは「ライジャトプでトレーニングを開始し、ルックスはもちろん、内面にも効果が現れて。主治医が驚くべき糖尿病の数値が改善されました。下の子がまだ中学1年生ですので、その子が大人になって結婚するまで健康で、いつまで素敵なお父さんにあるように、健康第一に長生きしたいと思います」とコメントした。

シーマが出演した会社の新CMは18日から全国で順次放送する。 CMでは診察室で凸した船島の医師に不摂生を混乱させると頭を下げている姿で急変「男の勲章」をBGMにたるみをきれいに掃除して、健康な緊張肉体を披露している。

READ  「落ちた!?」同志監督も感心! 窪塚洋介が言った、 "転落事故" 17年目の真実| Asagei Biz-アサクラフトビーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です