「大阪都構想」維新優位に異変が…山本太郎が反対訴え道頓堀に殴り込み大阪府警が停止コマンド(1/2) | AERA dot(アエラ点)

告示日12日午前、大阪の繁華街で街頭演説した大阪維新の松井一郎代表吉村洋文代表代行と公明党大阪府本部代表、佐藤茂樹衆議院議員と幹事長のトーキー共生大阪市議会議員(撮影/今西憲之)

大阪府警に停止命令を受けた山本太郎・例話新選組の代表(撮影/今西憲之)

大阪府警に停止命令を受けた山本太郎・例話新選組の代表(撮影/今西憲之)

大阪府警に

大阪府警に「停止」命令を受けた山本太郎陣営のスタッフ(撮影/今西憲之)

いよいよ「大阪の陣」の砲門を切り落とした。 大阪市を廃止し、4つの特別区に再編する「大阪都構想」の住民投票が10月12日告示された。 大阪市民有権者約220万人に賛否を問うもので、11月1日投開票される。

[사진]半都市構想のスピーチを、大阪府警に「中止命令」を受けた山本太郎・例話新選組の代表

告示日12日午前、大阪も構想を提唱してきた大阪ユシンフェの松井一郎代表(大阪市長)、吉村洋文代表代行(大阪府知事)と一緒に大阪・ミナミの繁華街で檀君に上がったが、公明党大阪府本部の代表者、佐藤茂樹衆議院議員と幹事長のトーキー共生大阪市議会。

2015年大阪都構想の住民投票に反対した公明党が、今回は賛成で転じ大阪ユシンフェをサポートする構図に変わった。

新型コロナウイルスの名前をあげ全国区になった吉村氏はこう訴えた。

「大阪府と大阪市の二重行政のあの頃に戻ってしたくない」

「二重行政をやめ大阪成長 “

しかし、集まった聴衆から発生拍手パラパラ。 これまで繁華街で、多くの顧客を引き付ける盛り上げてきた大阪ユシンフェのスタイルだったが、コロナ感染予防のための事前会議を告知せずに行われたため、集まったのはマスコミ関係者が中心に少なかった。

記者からそこを追及する松井代表はイライラしたようにこう言った。

「マスコミは維新の人が集まっていない写真を撮りたいのだが、月曜日の朝に告知もしていない」

事実、大阪の世論調査で「異変」が起きている。

昨年4月に大阪府知事選挙大阪市長選挙で圧勝した大阪ユシンフェ。 今回の大阪都構想も公明党大阪府本部と自民党の大阪府議の一部が参加して優勢に試合を進めてきた。

今までの世論調査でも、10〜15%ポイント差で賛成が多数を占めたが、最近の世論調査では、賛成が数ポイント上回る程度に差が詰まってきたのだ。

「このような突然逆追撃できるとは思っていなかった。二回の選挙で勝ったこともあり、大阪都構想賛成は確実かという雰囲気が党内でもほとんどである。どうして私ねんと率直に焦っている」(大阪ユシンフェ所属府議)



次のページ

山本太郎も大阪道頓堀に出場

READ  バーチャルボーイで25年。 これこそ待っていたVR体験である:Oculus Quest 2 | ギズモ・ジャパン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です