「マインクラフト」で「はいアイコン “ワールドに行くことができるか。 8ヶ月の調査の末AI技術と人海戦術を引き出した答え| AUTOMATON

マインクラフト「の」の有名な観光スポット」に到着が確認された。 通称「pack.png場所」の名前だけではピンとこなくても、写真を見ると、膝を打つだろうか。青い海に浮かぶ岩の島をぽたぽた木が彩っている。本作のJava Editionをやったことがあるプレイヤーにはほとんど無意識に刻印された風景とすることができる。その正体はpack.pngと命名された画像である。「マインクラフト」ゲームファイルに含まれており、ゲーム中では基本的なリソースパックのアイコンで表示されます。また、サーバー選択画面でアイコンが設定されていないサーバーのサムネイル白黒状態で確認することができる。

また、この画面を確認できるバージョン1.13.2まで

誰も見たことがあるが、ほとんど気にも固定されていないpack.pngの風景。 その起源に注意を向けたは「マインクラフト」系動画で知られている、米国YouTuberのSalC1氏だ。 彼は、他のプロジェクトで「タイトル画面ワールド」も調査しており、ここでは、7月に特定されていた(関連記事)。 彼は最初のpack.pngに映る木が現在のゲームで見ることができるよりも明るい色をしていることに注目した。 これは、最新バージョンの「マインクラフト」で撮影された風景ではない。

さかのぼってみると、pack.pngが初めて出現したのは、アルファバージョン1.2.2であることがわかった。 ただテクスチャパックの公式サポートが開始された時期だ。 2010年11月にリリースされた後、約10年の間に静かにかかっていたのだ。 もっと言えば、撮影されたのは、明らかにアルファ版1.2がリリースされる前に1か月以内にするということが推測された。 2010年10月に行われたアップデートは、生物群系が初めて実装された木の色も明るいことから、現在のような濃い緑に変更されたためである。 歴代「マインクラフト」のすべてのバージョンのクライアントファイルを調査した結果、128×128ピクセルのアイコンに加えて、類似画像を見ることができないことを確認した。 この小さなサムネイルが唯一の手がかりということだ。

SalC1さんが動画で問題を提起すると、数千件のコメントが寄せられ、元の2000人程度だった彼はのDiscordサーバーは一晩の間に1万人の調査協力者にひしめくた。 一大プロジェクトの開始である。 目的は、pack.pngと同じ風景を生み出す「シード」を探り当てること。 初期値は、新しいワールドを作成したとき、どこに何があるかを決定する任意の値である。 数字だけでなく、特定の単語を入力して、ワールドを作成することも、当初「Mojang」などの単語が候補に挙げられていた。

運動のSalC1氏はTwitterで開発陣の前にアイコンの由来を聞いて答えを投げてみる。 その後、果たして「マインクラフト」の創作者であるNotch氏その人の反応が返ってきた。 曰く、本人もそれがどこにで撮影されたかどうか記憶にない。 もしNotch氏が撮影したものといえば、彼はスクリーンショットを撮るときは、常にランダムシード値ワールドで撮影していたという。 ここで特定の単語でpack.pngワールドを探索線が消えた。 残された道は「押された地形を分析して、初期値を探り当てる」のみである。

逆に探査における集まったのは素晴らしいエンジニアである。 かつて有名実況者PewDiePie氏のような世界を作り出すシード値を確認したことが知られメンバーで、その実力は折り紙つき。 しかし、今回の研究では、それよりも難易度になる。 動画で大量にヒントを得た前例とは異なり、今回の手がかりは、128ピクセル四方の小さな画像しかないのだ。 どうかここで得た情報を基に推測を立てるしかない。 まず、チームが注目したのは、端に写っていた「雲」である。 すべての要素が自動的に生成された「マインクラフト」が、実際に空に浮かぶ雲は、一つの決まったパターンしかない。 その後、撮影地点は雲が流れる軌道上の一大に絞られた。 続いて海面のテクスチャの方向で方向を導出も成功した。 XY平面上の位置がほぼ特定することができるので、残りは「どんな世界であれば、「その上に形成されるかを探ることになった。

この時、同時に始まった努力が「実際にブロックの例地形を再現してみる」という実験である。どの位置にどのブロックが置かれているかは、初期値を逆に探査するために不可欠な情報である。枚配置精度を要する作業であったが、件の小さなアイコンただし解像度に限界があった。だから、チームはより顕著な画像を得ることができる手段を講じ大量の「マインクラフト」のスクリーンショットを学習させた人工知能を創出する小さなアイコンで鮮明な画像を「復元」するものである。スタッフが自動的に大量の「マインクラフト」のスクリーンショットを撮影するためのツールを作ったもので、170万枚の画像をAI習得することができた。教育の成果は果たして元のサムネイルよりもはるかに鮮明な画像を得ることができた。この新しい設計図をもとに例の小さな島の再現が急速に進行される。

「マインクラフト」のワールド生成は大きく2段階に分けられる。 まず「地形」で土地の高さ・形・洞窟と石・土・芝ブロックの配置が決定される。 次が「分布」で木や花などの植物が決定される。 「地形シード」と分布を決定する「チャンクシード」は、それぞれ独立して生成されるので、調査チームは、チャンクシードを特定して逆算して、世界全体のシード値を模索することを決めた。大きなヒントとなったのが、小山の中央付近を落ちる「滝」の存在である。この周りに、私は木を対照してチャンクシード候補が制限された。

https://www.youtube.com/watch?v=eC7​​f9tMslVE

ここまで来ても、すべてのシード値を人力で確認することができない。 「マインクラフト」で作成された初期値の数は281兆4749億7671万0656種類にのぼる。 そこで使用されたのが「BOINC(Berkeley Open Infrastructure for Network Computing)」である。複数台のPCを使用しながら、分散して調査を進め方式では、過去のタイトル画面の初期値を訪れた際にも活用された。ことができる世界の種子は、70万種類に絞らそこから別のツールを使用してpack.pngと地形が一致した。また、間もなく「マイクラブ」の調査研究を専門とするDiscordサーバー “[email protected]「この設立。9月1日から新たに配備されたツールは、Nvidiaのグラフィックカードがあるユーザーは、誰でも自宅のPCでリサーチに協力することができるようになった。それからわずか4日後、ついに「その時」が訪れる。

シード値 “3257840388504953787”座標 “x = 49、z = 0″、これがpack.png撮影された世界とポイントである。 アルファバージョン1.2.2の「マインクラフト」は、手動でシード値を入力することができないため、NBTExplorerなどのツールでデータを書き換えることで、同じワールドを作成することができる。 画像解析と分散処理など、すべての技術を利用して解明されたpack.pngの秘密。 「マインクラフト」の近くの技術力と探究心が再び現れた研究結果とすることができる。 興味があるなら「スポット」を見つける地域社会のジョリョクルル考えはどうだろう。


READ  Razer低遅延無線技術「HyperSpeed」対応のキーボードとマウス、ヘッドセット発売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です