「トーチは、ニューヨークより親切な村」7年前ロシタウル決断させた田川勇太に「質問攻め」と – Bリーグ – Number Web

Bリーグ​​初代チャンピオン宇都宮ブレックスをサポートリーダーキャプテンを務め多賀勇太は、昨年12月に日本国籍を取得したエースライアンロシタはブレックスを体現する存在だ。 9月26日に発売したBリーグ​​オフィシャルガイドブックは今シーズン開幕からタイトルを目指し、2人ブレックスの数と互いに話を交わしている。

「ライアンは、トーチ好きなの?」

田川勇太がライアンロシタに聞いた。

答えは聞く必要もなく、知っている。 7年前に米国から来たロシタは、今では完全にトーチに精通しているニューヨークではなかったような近所づきあいも満喫している。 テもその事実をよく知っていた。

「米国より日本がホームのように……」


そういえば3年前に取材したとき、ロシタはトーチの地方の慣習についてこう語った。

「トーチは、誰もが歓迎してくれて、親切な町。私はニューヨーク出身で、その村の良いところだが、親切な空気のある場所ではないから…トーチでの生活は、(日本語のこの物語ないので)隣人と話をするすることができませんが、毎日顔を見ると、お互いに手を振ったり、挨拶もしているんです。特に子供たちはいつも私に来て挨拶してくれ、ショッピングから戻ってきた時だと何が入っているかどうか覗いたりね。それ楽しい。とても暖かく歓迎してくれる文化があります “

昨年12月に日本国籍を持っているので、日本語も勉強したので、今は近所の人にも簡単な会話はしているかもしれない。

「もうアメリカより日本がホームのように感じています。それだけここに住んでいることに慣れてして楽になってきた」とロシタは言う。

「勇太がモーテルで洗濯している映像を見た」

バスケットボールをするために生まれ育った国を離れて言葉も文化も、他の国での生活をするということは、多賀自身も経験があるのだ。 だから、それがいかに難しいことかよく知っている。 自分が大学進学のためにハワイに移住したときに思い出して、「最初は適応するのが難しかった」と多賀振り返る。

「でもライアンがすごいのは、瞬く間に日本に慣れて、自分だけのライフスタイルを発見するところ。その溶けているので、トーチの人も好きなんです」

[다음 페이지]「勇太がモーテルで洗濯している映像を見た」

READ  F1技術解説、イタリアGP編:オクラホマ州の勝利に貢献したアルファ他私たちホンダのマシンセッティング - オートスポーツweb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です