「としまえん」カルーセルエルドラドの最終運転を終了解体補修に| ORICON NEWS

1926年(大正15年)に営業を開始した東京都練馬区の遊園地「としまえん」が8月31日午後9時を持って閉場する。動員の象徴であるカルーセル」カルーセルエルドラド」は、一歩先最終的な運転を終えた。

[사진]その他の写真

「カルーセルエルドラド」は、1907年にドイツの機械技術者のヒューゴ長谷川によって作られた。ニューヨークの遊園地で実行した後69年に日本に来ている場合の専門家の監修による復旧作業を経て製作当時の姿に復元されて71年4月3日から再び子供の夢を乗せて通い始めました。アールヌーボーのカラフルな装飾が特徴で、彫刻はすべて木手の部分。したがって言葉の表情もそれぞれ異なり、「お気に入り」を見つけることができ楽しむことができた。

「としまえん」を中心とした一帯の地域は、1957年に都市計画公園」練馬城址公園」の指定を受けて、2011年には、避難場所や防災拠点となる公園・緑地の整備促進の観点から、東京の都市で2020年までの10年間、優先的に整備する「優先整備区域」に指定されている。

午後7時30分に観客を乗せた最後の営業を終了したら、自然と拍手が起こる。 跡惜しまように何度も、スマートフォンやカメラで撮影する人の姿が目立った。 その後、「としまえんファイナルセレモニー」を実施。 「回転木馬エルドラド「無観客最後の運転を終えた後、ファンからは「ありがとう〜! 」と絶叫した。

ドンウォンルル運営する株式会社豊島円ヨーダ竜也代表取締役は、「110年を超えて非常に老朽化しています。これをきっかけに一度解体をしっかりとメンテナンスを実施し、いつの日か、どこかで皆さんの前にきれいになったエルドラドウルお見せしたいと思います」と報道した。 最終的な運転が終了したら「エルドラド、ありがとうございます。 エルドラドは永遠に続くとあったと思います」と万感の思いを語っていた。

東京都や公園整備に関する協議を進めていたが、6月に東京をはじめとする関係者と「都市計画練馬城址公園の整備にかかる覚書」を締結したと今後の土地利用等の計画に勘案して、「としまえん「この閉園になった。

今後は、「ワーナー・ブラザーズ・スタジオツアー東京 – メイキング・オブ・ハリー・ポッター」が2023年上半期オープン予定」スタジオツアー東京」は、ロンドンに次いで世界2番目の開設に映画「ハリー・ポッター」シリーズで使用された衣装や小物などを展示して来場者に映画の舞台を紹介する。 映画「ハリー・ポッター」から「ファンタスティックビースト」シリーズに続いて、同施設では、この二つの映画の世界観をより深く知るための装置を備えていくという。


READ  林遣都が「姉の恋人」で有村かすみと公演、笑顔失わない理由ている人役(コメント数/動画あり) - ナタリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です