「いつか撮れると思った」「ピックアップ前に不倫 “金メダル候補・瀬戸ダイヤ真評判(文春オンライン) – Yahoo! ニュース

「表彰台に上がった選手たちの心からの表情を見て、「4年間続けて努力してきたから」と気づいたんです。 それに比べて自分は1年程度しかしようとしなかった。 その差が、この結果から不足していた部分だと感じました」

[사진]不倫が発覚した瀬戸ダイヤの妻、優佳さんの画像を見る瀬戸ダイヤ(ANA)は、リオ五輪後そう言っていた。 銅メダルを獲得したが、目標にしていた金を逃した。 高い目標を掲げたトップの表情は真剣に物足りなさがにじみ出ていたようだった。 だから、そこから東京オリンピックの4年間は、必死の努力を重ねていたはずだった。 それだけ新型コロナウイルスによる東京オリンピックの演技は本人にも青天の霹靂だったのかもしれない。 「しなければと思いつつ、まだ気が入らない大変な日々が続いている」今年の夏そう本人が編み出したように、そのトジゴウン意外なところで顔を出した。

報告された昼間の愛らしい娘 “ピックアップの前に”不倫

9月23日「デイリー新潮」が瀬戸の不倫を報告したものである。 記事では、瀬戸が自分の車で客室乗務員の女性と素朴なホテルに行っ午後の情事を楽しんだ後、愛する娘を幼稚園にピックアップしていく姿まで克明に記録されている。 報道を受け瀬戸は24日には、手書きでコメントを発表した。 不倫について謝罪し、「自分の行動を猛省し、家族との今後については適切に議論いただきたいと思います」との言葉を書いた。 瀬戸は2017年に急降下元日本代表の優佳婦人科結婚した。 大手食品メーカーのCMやイベント、TV番組に夫婦で出演するなど、スポーツ界を代表する「良い夫」でファンにも認められていた。 それだけにさわやかなイメージで、家族思いのキャラクターだと思ってい瀬戸の不倫は世界と水泳ファンに衝撃が受け入れられた。 一方、瀬戸に近い水泳関係者の間で「いつか撮れると思った」という声が聞こえてくる。 「元の瀬戸は陽気なキャラクターで人糖度良いので、女性の噂は結構よく聞いていました。さらに、瀬戸は昨年秋から「オリンピックに集中したい」ということで、練習拠点へのアクセスの良い豊洲のマンションで一人で暮らしていた。 また、今年の春には、オリンピックの演技を受け、これまで指導を受けたコーチのもとでも離れて自分の同級生を新しいコーチに位置ました。 家族の目の届かないようにコーチも気質知られている同級生…そんな環境もあって、最近では特に夜遊びの話を聞くことも多くなっていた。 「(水泳関係者)

READ  [결혼 발표]石原さとみが言っていたバスケットボール愛」好きなタイプ」「寡黙なイケメンではなく、......」 - バスケットボール - Number Web

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です