トリプトファンはどんな成分?睡眠ホルモンとの関係について

トリプトファンは快眠の源

トリプトファンとは、牛乳から発見されたアミノ酸の一種で、セロトニンやメラトニンという脳内ホルモンの材料となる成分です。セロトニンは「幸せホルモン」ともいわれ、精神を落ち着かせる効果があります。このセロトニンが不足すると、ネガティブ思考になったり、ストレスの影響を受けやすくなったりと精神に悪い影響がでてしまいます。セロトニンは朝起きた時から分泌され、日が沈むまで分泌され続けます。夕方以降はセロトニンを材料にし、メラトニンが分泌されます。メラトニンは「睡眠ホルモン」ともいわれ、眠気を促す効果があり、快眠をもたらしてくれます。トリプトファンはセロトニンになり、セロトニンはメラトニンになるということなのです。

トリプトファンの賢い摂り方

トリプトファンは体内で合成することができません。そのため食事で摂取する必要があります。トリプトファンがメラトニンに変わるまで時間が必要なので、摂取するのは朝がおすすめです。また、トリプトファンが多く含まれている食材は、豆腐や納豆などの大豆製品、乳製品や米などの穀類です。摂取量の目安としては、体重1kgあたり4mg程度といわれています。体重50kgの人なら200mg必要だということです。トリプトファンはセロトニンの元になっている成分なので非常に重要です。これが不足すると心身にありとあらゆる影響がでる可能性があります。食事でしっかり摂取できれば良いのですが、それができない場合はサプリで補うことをおすすめします。