グリシンはどんな成分?グリシンを飲んだときの朝の目覚めは

グリシンってどんなもの?

グリシンはアミノ酸の一種です。ほんのりとした甘さと旨味があるため、グルタミン酸のように調味料として用いられることもありますし、コンビニのおにぎりの原材料面などでよく見かけるように、保存料としても不可欠なものとして使用されています。グリシンは、その他の加工品にも頻繁に使用されています。グリシンを入れてお米を炊くと、旨味成分が増してさらには日持ちするようになるとも言われています。そのほかには、睡眠の質の改善への効果が期待できるとして、サプリメントとしても使用されています。グリシンは食物から摂取することもできますが、体内で合成することもできる成分です。そのため、本来は不足することがないとも考えられています。

睡眠サプリとしてのグリシンの効果とは?

グリシンには一般的に、睡眠改善、抗うつ、美肌などへの効果があります。その中でも、睡眠改善の効果についてみてみると、グリシンにはスムーズな入眠を促す効果があると考えられています。人は入眠時に、体の深部体温を下げることで、眠りに入っていきます。具体的には、体の表面の温度を上げることにより熱を放出し、深部体温を下げていきます。グリシンには、血管を広げて血流量を増やす働きがあります。血流量が増えると、体温を調節する機能が活発になるため、深部体温が下がりやすくなります。そのため、スムーズな入眠を促すことができるのです。さらにグリシンの睡眠サプリの中には、より深い眠りであるノンレム睡眠の時間を増やす効果があると言われているものもあるため、睡眠の質の改善が期待できます。そのため、グリシンを摂取すると、質の良い睡眠をとることができ、朝の目覚めがスッキリしたものになると考えられます。