あなたは知ってる?睡眠サプリ・睡眠改善薬・睡眠導入薬の違い

ダイレクトに効く睡眠導入薬・気軽に買える睡眠改善薬

睡眠障害で悩んだら睡眠薬、と思っている人も多いでしょう。ですが一般に言われている「睡眠薬」こと睡眠導入薬は入手するために医師の処方が必要となっており、まずは医師の診療を受ける必要があります。
それに対し、処方が不要でドラッグストアなどでも簡単に手に入るものがあります。それが「睡眠改善薬」です。睡眠導入薬が深刻な不眠症に直接作用するのに対し、睡眠改善薬は寝付きが悪い、眠りが浅いといった症状に対応するもので、効き目は少しマイルドになります。
ただこのどちらも薬であることには違いがないので、副作用が起きたり耐性がついて効きづらくなったりするといったリスクはあります。その点もよく理解して注意深く使用する必要があるといえるでしょう。

サプリはマイルドで安全なので気軽に試せるのが利点

一方、「睡眠サプリ」と呼ばれるものがあります。医薬品ではないため直接不眠に効くというものではありませんが、体の中にある睡眠を促すための仕組みがきちんと働くようサポートしてくれる働きは期待できます。
睡眠サプリの代表的な成分としては「グリシン」が挙げられます。これはアミノ酸の一種で、バランスを崩してしまった脳の体内時計に働きかける作用があるとされています。また、睡眠に欠かせないホルモンであるメラトニンの分泌を助ける「セントジョーンズワート」、リラックス効果のある「カルシウム」などもよく使用されます。
サプリの良い点は、あくまで健康食品であり効き目がマイルドなので気軽に飲めるということです。ただし成分によっては薬との飲み合わせに気をつける必要がある場合もあるので、常用している薬がある人は事前に医師に相談すると良いでしょう。