眠れない、ぐっすり眠れない、目が覚める…質の良い睡眠がとれないのはなぜ?

そもそもなぜ眠れないか

一日働いて、疲れているはずなのに眠れないという経験は決して珍しくありません。疲れていたら眠れるはずという認識と逆の現象が起こると、誰もが戸惑います。ただ、眠れなくなるのは何らかの原因があるはずです。闇雲にイライラするだけでは交感神経が優位になってしまい、更に眠れなくなります。 まず、寝る直前までパソコンやスマートフォンを見ているのは安眠を妨げる行為です。強い光によって脳が覚醒してしまい、せっかく眠る準備をしていたのに活動的になるのです。なので布団に入っても全く眠れない、12時を過ぎたのに眠気が来ないという現象が起こります。 後はコーヒーなど脳が覚醒する飲食物は避けたいです。栄養ドリンクもほとんどカフェインが入っています。

睡眠サプリが非常に有効

温めの湯に入ったり眠る2時間前からパソコンやスマートフォンを控えるなど色々対策はありますが、毎日生活が制限されるのもストレスが溜まります。ただ、睡眠サプリを使用することで無理なく安眠を実現できるのです。
睡眠サプリにも色々な商品があるので一概には言えませんが、睡眠を促す成分やリラックス効果のある成分が含まれています。覚醒している脳をサプリによって鎮めるので自然と眠気が発生するのです。
ただ、睡眠薬とはまた別物なので飲んだ瞬間から強烈に眠気が発生する訳ではありません。徐々に入眠しやすい脳に仕上げていくという表現が合っています。つまり何週間、何カ月サプリを飲み続けることによって毎日ほぼ同じ時間帯に眠気が来るようになります。