「ボカロとか2次創作やってみたいけど自分じゃ出来ないよ」とか思っていませんか? そんなあなたにクリエイティビティについての興味深いデータを紹介


ボカロP、イラストレーター、歌い手、踊り手...皆さんすごいですよね。そういう何かクリエイティブなことをするのは一部の才能のある人だけのものだと思っていませんか?そんなあなたに最近Adobeが発表した興味深い調査を紹介します。

 

最もクリエイティブな国は日本

これは米Adobeが今年3月から4月にかけ、米国、英国、ドイツ、フランス、日本の18歳以上の成人5000人を対象にオンラインで実施した調査です。

下のグラフを見てもらえれば分かる通り、日本はもっともクリエイティブな国、そして東京は最もクリエイティブな都市として挙げられている。ニューヨークやパリよりも高いのだ。


グラフ

自分のクリエイティビティに最も自信がないのは日本

下のグラフは「自分自身をクリエイティブだとおもうか?」「何パーセントの時間、自分はクリエイティブな事としてるか」という質問だが共に日本が最下位である。さらに、この記事の最後にあるリンクをチェックしてもらえれば分かるが、最もクリエイティブな国で日本の比率が一番高くなかったのは日本だけである。


このグラフから推測できることは、日本人はクリエイティブな活動に触れる機会が少ないので、自分がクリエイティブだと思う人が少ないのではないかということだ。けれど、日本は世界で一番クリエイティブな国だと思われている。つまり、日本人はもっとクリエイティブな活動に触れて自分のクリエイティビティをもっと発信するべきなのだ。それが、ボカロでも絵でもPVでも歌でも演奏でもダンスでも何だっていい。

 

ケン・ロビンソンさんに学べ

ケン・ロビンソンさんは「人間の可能性の開発」について研究しているイギリスの博士である。彼がいつも述べているのは、「クリエイティビティは一部の人間のものだけじゃない。人間は生まれた時から皆クリエイティビティを持っている」ということだ。

ここにケン・ロビンソンさんのすばらしいプレゼンがあるのでぜひチェックしてみて欲しい。僕が今まで見たプレゼンの中で最も笑い、最も感動したプレゼンターの1人だ。特に10代、20代のこれから何かを選ばなきゃいけない人たち、そして教育やメディアの分野で働いている人は絶対に見てほしいプレゼンである。

ケン・ロビンソン「学校教育は創造性を殺してしまっている」
ケン・ロビンソン「教育に革命を!」

本もぜひ読んで欲しいけど、日本語翻訳が出てないので、英語が読める方はぜひ!辞書片手にでも読む価値あります!

 

あとがき

実はこの記事を書こうと思ったのは今週のEテレの初音ミク特集を見たことがキッカケになっている。番組の最後の方でコージくん(名前合ってるか自信ない...)がやってみたいけど自分じゃ無理だよ見たいなことを言っていたからだ。でも、僕はそれでメシが食えるかは別にしても、人間みんなクリエイティビティを持ってると思っている人間なので彼みたいな人に向けてこの記事を書いてみました。少しでも何か得るものがあればうれしいです!

参考URL
ニュースリリース(PDF)
調査の詳細(PDF 英語)

日刊VOCALOIDガイドは初音ミクなどのボーカロイド情報サイトです。日刊VOCALOIDガイドをフォローして、最新のボーカロイド情報がゲットしよう。下のコメント欄で熱いコメントもお待ちしています!

関連しているかも知れない記事

    関連する投稿が見つかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>