インターネット、AHSの2社から発売されているボーカロイドに関してのMac対応が発表!5人のキャラクターがMac対応へ

タグ: , , , , , , , ,

先日VOCALOIDのMac対応、クリプトン・フューチャー・メディアから発売されている初音ミクなどの歌声ライブラリーのMac対応が発表され大きな話題を集めましたが、それに合わせて、ボーカロイド歌声ライブラリーを発売しているインターネットとAHSの2社からMac対応の発表されました。

VOCALOID Editor for Cubase

まずインターネットから発売されている歌声ライブラリーの中からは、『Megpoid』、『がくっぽいど』、『Lily』、そして『CUL』のV3がそれぞれMac対応されます。Windows版を購入している人に向けてMac版の無償ダウンロードを提供するものになっており、そのためにはユーザー登録を行う必要があるとのこと。まだ、行っていない人は早めに済ませておこう。使用できるのはWindows版、Mac版のいずれか一方だけになります。

AHSから発売されている歌声ライブラリーに関しては、同じくV3対応している『結月ゆかり』のMac版対応が発表されています。こちらも登録ユーザーの人に無償ダウンロードで提供する形になるので、希望する人は登録を忘れないでおこう!

どちらも提供されるのは歌声ライブラリーだけなので、Macで使うためには『VOCALOID Editor for Cubase』と『Cubase 7』、または 『Cubase Artist 7』が必要です。そこは注意しておきましょう。

また“1st PLACE”から発売されている『IA』に関しては現在検討中とのことです。

Macでも使える歌声ライブラリーが増えることで、MacユーザーのボカロPがどんどん増えたら嬉しいですね!

>>株式会社インターネット – プレス
>>VOCALOIDがついにMacでも使えるように!『VOCALOID Editor for Cubase NEO』が発売決定!

日刊VOCALOIDガイドは初音ミクなどのボーカロイド情報サイトです。日刊VOCALOIDガイドをフォローして、最新のボーカロイド情報がゲットしよう。下のコメント欄で熱いコメントもお待ちしています!

関連しているかも知れない記事

    関連する投稿が見つかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>