VOCALOIDがついにMacでも使えるように!『VOCALOID Editor for Cubase NEO』が発売決定!

タグ: , , , , , ,

いままでWindowsのみの使用可能だった歌声合成ソフト『VOCALOID』がMacにも対応できるようになることが発表されました。

VOCALOID Editor for Cubase NEO

対応されるのはCubase上でVOCALOIDを操作することができるソフトウェア 『VOCALOID Editor for Cubase』になっており、こちらのソフトウェアとDAWソフトウェア『Cubase 7』、または 『Cubase Artist 7』、そして歌声ライブラリーを使うことによってVOCALOIDをMac上で使うことが出来ます。発売日は2013年8月5日、商品名は『VOCALOID Editor for Cubase NEO』に。

歌声ライブラリについてはYAMAHAが開発しているボーカロイドに関してはMAC対応のNEOシリーズが順次発売される予定になっており、すでにWindows版のライブラリーを持っている人はWindows版のライセンスを移動することで利用可能なMac版のインストーラーを無償で提供の予定とのことです(対象:VOCALOID™3 Library(SE版を含む) VY1V3、VY2V3、Mew、ZOLA PROJECT、蒼姫ラピス)。

・VOCALOID™3 Library VY1V3 NEO  (8月5日)
・VOCALOID™3 Library Mew NEO  (2013年9月)
・VOCALOID™3 Library ZOLA PROJECT NEO  (2013年10月)
・VOCALOID™3 Library 蒼姫ラピス NEO (2013年10月)
・VOCALOID™3 Library VY2V3 NEO (2013年11月)

つまり、歌声ライブラリーがMacに対応するかどうかは開発会社しだいということですね。クリプトン・フューチャー・メディアで開発されている初音ミクなどの歌声ライブラリーはすべてV3からMac対応にすることが発表されています。

いままでボーカロイドを使いたくても使えなかったMacユーザーのみなさん、ついにMacでもボーカロイドが使えるようになるということで、ボーカロイド曲を作ってぜひネットに投稿してみましょう!

※OSは、WindowsとMacに対応します。ライセンスは、1製品につき1台でのみ使用可能となるため、同じOS、異なるOSのいずれの場合でも、複数のコンピューターにインストールして使用することはできません。
※Windows環境ではインポート作業により「VOCALOID2」対応の歌声ライブラリも使用可能となります。

>>歌声合成ソフト「VOCALOID」がWindowsだけでなくMacでも使用可能に ヤマハ ソフトウェア『VOCALOID™ Editor for Cubase NEO』 – ニュースリリース – ヤマハ株式会社
>>VOCALOID™ / ボーカロイド 公式サイト : サポート情報 : FAQ : WindowsからMacへライセンスを移行する手順

日刊VOCALOIDガイドは初音ミクなどのボーカロイド情報サイトです。日刊VOCALOIDガイドをフォローして、最新のボーカロイド情報がゲットしよう。下のコメント欄で熱いコメントもお待ちしています!

関連しているかも知れない記事

    関連する投稿が見つかりません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>